スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    理想と地獄

    理想通りの人生を歩んだ先は地獄であった

    人を救いたかったはずが救うはずの人間を殺していく未来
    ならばそんな自分を消すしか無い

    全てを救う正義の味方なんて居なかったと


    ○なぜ衛宮士郎は守護者となって絶望したのか

    本質は困ってる人を助けたいというそれだけの元から行動をしてたけれど
    彼自身の魔術の才能が医療などや戦いから遠い才能があれば違ったのかもしれない

    ただ武具の複製という一点特化の才能
    それに付随した物体の構造把握、武具所有者の経験のトレースという
    戦いに対する才能が大きかったのが彼を戦う正義の味方になってしまったのか

    また衛宮切嗣という魔術使いに救われた
    その誰かを救うという行為にひたむきな姿、他人を救うことで自分が救われた
    他人のを救うことで自分が幸せを感じる
    その過程で自分が傷つこうとも、自分を否定されても
    ”誰かを救う”その行為だけを信じてた

    だから救ってきた人達に絞首台へ送られようともその人達への恨みはない
    彼自身は人を殺す事自体は最終手段の選択肢として持ってるため
    人助けとして行った殺生での絶望は少なそうである

    問題が世界と契約した代償として死後に守護者となり
    自己で救う対象、殺害対象の選別が出来なくなったことだと思われる

    衛宮切嗣が算数式で助かる人間の数と殺す人間の数での行動をするようになった

    これを繰り返すうちに自分が行ってきた行為で切り捨てた人達のことを後悔しだすのか

    1人を助けるために10人を殺すことで救ったとしたらその行為は正しいのか
    おそらくこんなことで悩みだしたんだろうかな('A`)y-~

    戦争とか宗教戦争とか理由とか馬鹿じゃねーのコイツラってのでも
    当事者同士は正義なり信念を持ってたりするから
    人間なら同情、理解出来る方に手を貸すところ
    守護者は助けられる人数で判断

    あとはもう歯車としてただそれを永遠に繰り返す
    救いのための殺人をするその行為、それはただの殺し屋だと

    結局のところアーチャーは割り切ろうとしつつ理想を持ち続けてた
    切り捨ててた人達も救いたかったそれだけのこと

    だから士郎に言われた”根底に合ったのは願いだと”

    何も無くしたくなかった全てを助けたかった純粋な正義の味方
    それは間違いでなかった正しかったそれを肯定し続けることを忘れてしまった

    このルートの士郎はそれをずっと持ち続けると決意をし自分は負けないと
    自己矛盾を踏破する気でいますが地獄を歩む時に支えてくれる人がずっと居ると良いな








    面白いと思ってくれた方はポチリと押してやってください
    アクセス増えると喜んでます(U^ω^)
    にほんブログ村 漫画ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : Fate/stay night
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    nefiru

    Author:nefiru
    犬哭啾啾にようこそ
    アニメ、ゲーム、漫画、ニュースを扱っています
    管理人1:nefiru
    lightのゲームが好きです
    管理人2:g_harute
    key等のゲームが好きです

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    twitter
    フォロー自由です。三回回ってワンと哭くぐらい喜びます(U^ω^)
    Amazon
    リンク
    相互リンクは常に募集中です。 ツィッター・コメント・メールフォームなどで お気軽に声かけてください。
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    この様になっていました。見つかったらこの
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    のすぐ上に下記のものをコピーして張りつけます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。