スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    めだかボックス 総評

    思っていたより長いお付き合いになっためだかボックス

    原作と作画が分かれ原作にはライトノベル作家である西尾維新先生を起用
    暁先生は”神力契約者M&Y”を掲載経験があるものの短期で終了となったために
    今作が初の長期連載であった。



    暁先生の作品は記憶に残っていないが
    西尾先生の作品はクビキリシリーズ、物語は真宵の外伝は読んでいるので作風はそれなりに理解

    ジャンプ漫画の原作としてどのようなストーリーを起こしてきたのか振り返りたい。


    1:一話完結目安箱
    一話完結型の生徒会で問題解決型
    黒神めだかのみで生徒会の活動をしていく中で生徒会メンバーを集めつつ
    生徒の悩みを解決していくのが序盤であった。

    個人的にはキャラの方向が分かりやすく、多少と言うか言動が意味不明なとこがあったが
    言いたいことはわかるという程度だったので話自体は安定していたが固定ファンを掴むほどのフックは無かった印象

    2:バトルシフト異常編
    バトルへ転向と爆弾小僧の風紀委員を投入し
    めだかちゃんの身体能力を一般人の優れたレベルから
    超人レベルに引き上げ、色んな能力を持つキャラを投入し能力バトルへ

    バトルをし出し学園が完成された人間を作るというのが目的であると明かされると
    急展開だがジャンプでは珍しいことではないが、やはりバトルしてなんぼ
    ジャンプの音がズレて音速や人を殺したこと無い殺人鬼で国際手配など
    頭に本格疑問符が浮かぶシーンがチラホラ出だすがコマケェ事はいいんだよで
    主人公の相棒である善吉が洗脳を解くきっかけを作ったり
    阿久根くんにしてもパワーで扉をぶち破ったり戦闘で活躍させてもらったりしていたり
    キャラクターの形は保たれていた感じはする。

    3:異常が始まる過負荷編
    能力バトルにシフトしたことで固定ファンをつけた印象か
    本格的にバトルに以降し過去に因縁があるという球磨川と言うキャラを投入
    前章でボスクラスキャラをまとめてKOさせた鮮烈な登場をさせ能力も大嘘憑きと
    まともに使われたら勝ち目が無く
    めだかちゃんのジ・エンドと言う能力が過負荷とは相性が悪いと戦闘のバランスを取ろうとしていたが
    能力の説明と描写のミスマッチが増え始める(´・ω・`)


    善吉と球磨川が初戦で辺り勝ちを放り出して目を見えなくさせたのはいいが
    毒蛇の中に突っ込んだ時に動物よけのめだかちゃんは意味ないことになったり
    場所を用意してた選挙管理委員会が管理できてねえ・・・
    と最初の球磨川の攻撃を余裕で受け止めた描写から一気に暴落した印象

    あとはまあ三三七拍子と叫んだ直後が今までのジャンプ漫画のどれよりも
    最大級に頭に疑問符が埋め尽くされました(´・ω・`)


    それと球磨川くんと過去の因縁があるのに始りのスキルとかで挑んで詳細不明であったりさせるのは
    流石に構成に問題あるんじゃとか思ったり(゚A゚;)

    3:迷走開始悪平等編
    存在は仄めかされていた安心院が正式に登場
    保有能力が一京を超えるともはや描き切ることが不可能な数字で
    まともに攻略不能かと思いきや前章でボスを張っていた球磨川くんに封印されいた居たりする・・・
    という訳でバトルは影を小さくしオリエンテーションと言うゲームを始めるが

    身近な題材を取り扱うが身近な物なのにトンデモ理論のトンデモ大き過ぎぃ
    キャラの理屈と会話の噛みあわなさが顕著になりだす('A`)y-~


    記憶に残っているのだと、料理勝負で相手が修行してた場所の料理なら採点が甘くなるとか
    どこからその答えに辿り着いたと思ったり
    神経衰弱でゲーム中にカード混ぜ混ぜとかのイカサマや
    めだかちゃんもバトルジャンキーにされたり
    今まで活躍してた善吉くんが突然無能扱いされたり
    自己紹介文みたいなのに誤字脱字が無いことを不信に思う阿久根くんetc

    なんかヤバイと思い出しました(´・ω・`)


    今までより凄く見せようというのが先行しすぎて表現は大きいんですが
    針小棒大になり読者を置いてけぼりして話を進め始め
    安心院さんのオチが電波になった時は
    オチ考えてなかったんだろうなとなった。

    4:先は五里霧中な漆黒宴
    善吉くんがめだかちゃんから会長を引き継ぎ新章が始まり
    めだかちゃんを始めとする味方の強力キャラを敵に囚われる事にして
    再度バトルを始めるがめだかちゃんの婚約者が全員”女”で登場させ
    誰か真剣にそれにツッコメ特に本人( ゜д゜)
    特にツッコまれず話は進み、新しく登場したスタイルにしても
    漢字使いの幅が広すぎて能力としてはコメントに困り
    誤変換では球磨川くんの過負荷の方が効果が上と上げられていたハシゴを粉砕され

    新登場で最強とされた虎居というキャラの存在が
    居ても居なくても変わらなすぎたり最後のしりとり対決で
    ”う、さ、ん”が使われていないとかは
    脳内に疑問符が浮かぶ前にフリーズしました


    5:異常屈折な不知火編
    過去に散りばめた設定を回収しようとしたのか
    色々回収はされているが疑問符が尽きない話になった不知火編
    どう読んでも見ても影武者してなかった半袖だったり
    出来ないことを探していた安心院さんが一億回負かした言彦が出てきたり
    スタイルの説明がコミュニケーションだとか
    いやどっからそう思えば良いんだと言う説明されないほうがマシだった能力解説から
    意味ありげなことを言うだけ行って退場した梟博士が月落としをして
    それに飛び込んで解決するめだかちゃんと今までのスキルはどうしたヾ(´゚Д゚`;)ゝ
    となってしまった最後

    6:フィナーレブーケトス
    前章で継承していた家長の座を理由に学園を去り
    善吉くんとの恋人的な関係も完全抹消で去るという謎から始まり
    理事長で学園に戻ってくる・・・

    殴られボコられさようならのメッセージ送ったキャラたちの心境が知りたい話でした。
    結局スキルは人生が満たされることで消えて行くという事になりましたが
    異常、過負荷、スペシャル、スタイルと言うものの
    位置付けが定まってないまま進んでいたのが痛かった

    7:総評
    キャラクターと設定を湯水の如く放出したのは良いが
    後半で作り手が把握しきれずに進めてしまった印象

    メインをめだか・善吉に固定し後は章毎で球磨川、生徒会メンバーをやっていたが
    もがにゃんのめだかちゃんに対する評価が反転したり
    阿久根くんがめだかちゃんを卒業したのは良かったけど善吉くんとの絡みがオールカットだったり
    変に持ち上げられるのやキャラクターが活かせてない・・・

    登場時のインパクトはあるが、その後の組立や会話のアンバランスと世界観の土台を
    固める前に役者を配置しすぎて舞台が潰れていった印象

    一話のみで読むとオッと目に止まって続きと過去を気にさせる手法としては完成されていたと思う
    初期の善吉くんと阿久根くんみたいなのや、めだかちゃんと普通に友人やってるもがにゃん等
    そこら変の関係を崩さずに話しを作れていたら良かったんじゃとか思ったり

    あとやはり・・・西尾先生・・・上手い戦闘は書けないんですねε-(;-ω-`A)



    面白いと思ってくれた方はポチリと押してやってください
    アクセス増えると喜んでます(U^ω^)
    にほんブログ村 漫画ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : めだかボックス
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    2188 No title

    100話分の感想+総評お疲れ様でした!
    ここで毎回「そうそう、やっぱここはそう思うよな!」ってすっきりさせてもらえました!
    友人と話そうとしても西尾さん好きだからしらける事確定なんで(泣)
    >あとやはり・・・西尾先生・・・上手い戦闘は書けないんですね
    面白いゲーム(神経衰弱やら七並べやら降参やら)も書けてなかったと思います。
    なんか複雑なルールなのに毎回そのルールをあざ笑う結末ばかりで。
    予想外の展開にすればなんでも面白い訳でもないのに。
    トリコの神経衰弱と比べると、同じ様に敵サイドがイカサマ+味方サイドチート
    って展開なのに結構わくわくしましたし。比べてみたらやっぱ戦闘以外も微妙ですよ。

    けど「この漫画好き?」って聞かれたら...「新しいぃ!!」って答えると思いますw
    何はともあれお疲れ様でした!

    2189 No title

    総評お疲れ様。
    なんつうか最後はなんとか綺麗にまとまったようですけど
    途中ぐだぐだがあったなあという印象です。

    2190 No title

    お疲れ様でした。

    小説の方は全く知りませんが、漏れ聞こえるところによれば
    やっぱり竜頭蛇尾が基本のようで。
    ダジャレと設定を考えることのみ注力していて、
    作った設定を動かすのは極めて下手くそ(そもそも活用する気がない?)だったと思いました。

    2191 No title

    「三三七拍子」「よよよい~」の回、色々なジャンプ感想サイト見ましたが
    殆どの人が間違いに気づいてなかったんですよね・・・
    この世はアホだらけなのかァ~ッ!!

    2192 返信

    >2188
    >ここで毎回「そうそう、やっぱここはそう思うよな!」ってすっきりさせてもらえました!
    感性が私に近かったようでなによりで、まあ自分の周りの感想言い合ったのを混ぜ込んだりしてますので
    そう言う意味で掛け合いを感想で表現するのは楽しかったです(。・ω・)ゞ

    >けど「この漫画好き?」って聞かれたら...「新しいぃ!!」って答えると思いますw
    自分も「新しい!」ですかね「嫌い」では無いですね(`・ω・´)

    >2189
    >途中ぐだぐだがあったなあという印象です。
    オチがちゃぶ台返しだったり話の前後が咬み合わなかったりなのがアレでしたかね(´・ω`・)?

    >ジーク様
    小説は短編として読むと結構面白いですよ
    シリーズの序盤は引きこまれますが後半と言いますか伸びるとちょっと・・・
    あとオチと会話がワンパターンに感じてしまいます(´・ω・`)

    >2191
    >殆どの人が間違いに気づいてなかったんですよね・・・
    いや殆どの人は気付いてるんでは(´・ω`・)?
    自分の周りのジャンプ読者10人は気付いてましたよ

    2193 No title

    >一話のみで読むとオッと目に止まって続きと過去を気にさせる手法としては完成されていたと思う
    この作品の面白さって、8割がこれだったと思います。
    次回への引き方には惹かれるけど、引かれた先にはガッカリが待っているというパターンが多かったですね・・・


    何はともあれ、お疲れ様でした!
    おかげさまでこの作品を3倍くらい楽しめました!

    2194 No title

    お疲れ様でした。
    こうやってコメント残すのは初めてですが毎週面白く記事を拝見してました。
    予想以上に長期連載となりましたがとうとう終わってしまいましたね。
    改めて2年前の記事を見直すと管理人さんも「そろそろ打ち切りかな」という
    予想のうえで記事を書いてらしたようですが私も当時は同じような心持ちでした。
    しかし実際は無駄に話数に余裕があったりセンターカラーだったりと
    個人的にかなりの高待遇な最終話という印象を受けましたが・・・。

    連載全体を通し、内容の破綻ぷりや悪い意味での常識の無さの連続
    それに加えて原作者の妙な自信がひしひしと伝わってくる作風は
    読んでる者のツッコミ本能をダイレクトに刺激してくれたと思います。
    個人的にはこの漫画は不快だったので連載終了自体は喜ばしいのですが
    私が生きてる間にここまでツッコミ甲斐のある作品は
    二度と遭遇できないだろうなということを考えると少し勿体無い気もします。

    最後にめだかボックスの功績の一つとしてこのブログに出会えたことが挙げられますので
    勝手ながら今後も感想記事で楽しませて頂きたいと思います。
    長文失礼しました。

    2196 No title

    感想&総評お疲れ様でした!

    そういえば球磨川がみんなから中学時代の安心院さんの記憶をオールフィクションした理由がついに不明のまま終わりましたね。
    やはり球磨川が顔の皮を剥いだ女性と安心院さんは別人にした方が良かったのでは・・・

    異常編、過負荷編は結構好きだったんですけどね・・・
    悪平等編のめだかちゃんの「どこが正し過ぎるほど正しいんだ」的な暴走と安心院さんのガッカリボスの極みのようなオチ、漆黒祭編のツッコミ役不在のシュールギャグの連発はトラウマ級でした。

    後日談は阿久根くんともがなちゃんのが好きである一方、動物寄せはスキルではないのか? 動物よけは体質ではなくスキルだったのか? 学生時代に結婚を約束しておきながら10年経っても結婚してない設定はさすがにどうなのか?など、最後まで疑問が残る作品でした。 

    2197 返信

    >k様
    長いお付き合いありがとうございます
    >おかげさまでこの作品を3倍くらい楽しめました!
    これまでの駄文にそんな効果が(゚A゚;)


    >アン様
    どうも初めましてm(_ _)m
    >読んでる者のツッコミ本能をダイレクトに刺激してくれたと思います。
    刺激はバリバリされましたね10万ボルトレベルで
    う~んアンケートが取れている印象は殆ど無かったですがカラー貰えたのは
    外部原作者ということの配慮かなとか邪推は混じりますが
    おそらく物語を書ききったという自信は伝わって来ましたね


    >河原様
    安心院さんと球磨川くんに関しては色々投げっぱなしでしたね
    >やはり球磨川が顔の皮を剥いだ女性と安心院さんは別人にした方が良かったのでは・・・
    この手の設定は結構ありましたね・・・父親殺しとか愚行権とか正しすぎるめだかちゃんとか
    自分としては一話完結の初期でやってたほうが良かった気がしますが
    基本長いスパンでの話を書けない人ですから・・・

    2201 No title

    他の面々はともかく、めだかちゃんは産まれた時から肉体も頭脳も怪物級という設定だったのに、心が満たされたら能力消滅か・・・
    好意的に解釈するなら、怪物から人間になれたから、怪物の力が消えたということなんでしょうけど、何か釈然としない・・・
    異常と過負荷の違いも、最後まで理解できなかったし・・・

    個人的には、空の境界の式みたいに、怪物の力を持ち続けたまま、普通の人間と添い遂げるラストにしてほしかったですね。
    まあ、善吉のどこが『普通』なのかという話ですがw
    むしろフラスコ計画を受けたのに、いつまで『普通』扱いするのかw
    ロボ娘が『普通』に分類される世界だから仕方ないか・・・
    善吉は黒桐さんや浜面みたいに普通の人間が普通の人間の力で頑張った方が魅力的だったと思います。
    めだかちゃんがインフレし過ぎて、それだとついていけなくなったんでしょうけどね。
    でも、どの道ついていけてなかったような・・・w

    テーマもキャラもストーリーもブレまくりの作品にしては、綺麗な終わりかたっだとは思います。
    正に終わりよければすべてよしを体現した作品だったのかもしれませんね。
    振り返ってみると、各章のラストもそんな感じですしねw

    何はともあれお疲れ様でした!

    2202 返信

    >通りすがりの幻想殺し様
    > 他の面々はともかく、めだかちゃんは産まれた時から肉体も頭脳も怪物級という設定だったのに、心が満たされたら能力消滅か・・・
    > 好意的に解釈するなら、怪物から人間になれたから、怪物の力が消えたということなんでしょうけど、何か釈然としない・・・

    あちらを立てればこちらが立たずと言う(´・ω・`)

    > まあ、善吉のどこが『普通』なのかという話ですがw
    > むしろフラスコ計画を受けたのに、いつまで『普通』扱いするのかw
    誰とでも友達になれるという普通の少年と言う初期の設定を貫いて球磨川なんかを倒す際のキーマンとか
    扱ってたらまた変わったんでしょうが半端なキャラと言いますか後半で芯がブレブレでしたからな

    > テーマもキャラもストーリーもブレまくりの作品にしては、綺麗な終わりかたっだとは思います。
    > 正に終わりよければすべてよしを体現した作品だったのかもしれませんね。
    > 振り返ってみると、各章のラストもそんな感じですしねw

    展開はグダグダでしたが終わりだけはどこかで見たことのある終わりかを持ってくることで
    終わった感じを演出することには成功してますね(。・ω・)ゞ

    2224 No title

    言葉遊びは結構感心するのがあったし、キャラも悪くなかった。
    しかし設定は上辺だけで中身が全然なかったり、キャラの言動が矛盾してたりと酷いところは本当に酷かった。
    西尾先生の長所と短所がハッキリと表れた作品だったと思う。

    そういえば、2013年夏アニメは西尾先生の物語シリーズがアニメ化されるらしいですね。めだかみたいな形式で感想を書いたりしますか?…かなり好き嫌いの分かれそうな作品なんで手放しで勧めはしませんがw

    2227 返信

    >シーア様
    > そういえば、2013年夏アニメは西尾先生の物語シリーズがアニメ化されるらしいですね。めだかみたいな形式で
    >感想を書いたりしますか?…かなり好き嫌いの分かれそうな作品なんで手放しで勧めはしませんがw

    見て感想をかける時間がアレばいいのですが
    現状週末じゃないとブログに手がつけられない状況なのが(´・ω・`)
    プロフィール

    nefiru

    Author:nefiru
    犬哭啾啾にようこそ
    アニメ、ゲーム、漫画、ニュースを扱っています
    管理人1:nefiru
    lightのゲームが好きです
    管理人2:g_harute
    key等のゲームが好きです

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    twitter
    フォロー自由です。三回回ってワンと哭くぐらい喜びます(U^ω^)
    Amazon
    リンク
    相互リンクは常に募集中です。 ツィッター・コメント・メールフォームなどで お気軽に声かけてください。
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    この様になっていました。見つかったらこの
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    のすぐ上に下記のものをコピーして張りつけます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。