魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編Ⅲ」 感想


    nefiru: さりげないフォローで問題を影から解決する仕事人のお兄さん
         今回は控えめでしたね( ´ー`)y-~~

    MR1000.jpg
    g_harute: 今回は吉田くんに焦点が移ったな

    nefiru: アニメすると陰陽術師って感じだったな符術というか

    g_harute: 一気に時代を下った感じがした、CADの現代戦から

    nefiru: 魔法の中でもマイナージャンルなんだけっかね

    g_harute: 扱う人が少ないという意味ではマイナーか
    MR1001.jpg
    nefiru: 精霊魔法って言ったらテイルズでは定番でいるけど性能は・・・

    g_harute: まぁお察し性能・・・・・

    nefiru: コンボ繋げにくい・・・結局魔法使い入れたほうが幅広い戦術でもストーリー
         進める際に重要人物になりやすい
         でもこの物語は達也さんが居れば話は進むのです☆(ゝω・)v


    g_harute: 達也さん以外全て脇役なのです( ー`дー´)キリッ

    nefiru: アイツは殺ったことがあるなby剣士
         軍人と同じ雰囲気を持つ高校生だと気付かれましたな( ´ー`)y-~~

    MR1002.jpg
    g_harute: 普通の人ではない感は激しかったからな・・・

    nefiru: だってちょっくらテロ潰そうぜ本当に潰す人やで・・・
         絶対に一般人じゃない知ってたら誰でも気づく(確信100%


    g_harute: テロを潰したことの詳細を知っていればそうだな

    nefiru: 少なくとも生徒会、風紀委員に所属してる奴らは知ってるよな(・・?

    g_harute: 一部の人が気づきつつある・・・・のかな

    nefiru: 卒業時には達也さんが達也さんによる達也さんのための学校
         が出来ても不思議じゃない


    g_harute: 生徒会に深く入り込めば・・・!

    nefiru: どうせ妹が生徒会長になるから

    g_harute: あー・・・・・・・・確かーに・・・・・

    nefiru: 今回は珍しく兄様の活躍を自慢しなかったな
    MR1003.jpg
    g_harute: 達也さんが使った魔法があんまり大きな声で言えないことだからじゃね

    nefiru: いつもボソッと言うだけでエエんやで(真顔

    g_harute: 出来ればいつもそうしていてもらいたいな

    nefiru: お兄さんが困る理由の8割は妹が原因だと思う( ー`дー´)

    g_harute: 困った達也さんも素敵ー(真顔)

    nefiru: 本当に厄介な奴だよ・・・

    g_harute: まぁ深雪さん可愛いからいいんですが

    nefiru: 一条くんに熱い眼差しを送られていたようで
    MR1004.jpg
    g_harute: この先一条君どうアピールしていくのか・・・・

    nefiru: アピールするだけ無駄ですし

    g_harute: お兄さまスキーを変えられるわけが無いな


    nefiru: なんか凄いお爺ちゃんの魔法に掛からなかった五人ってお兄さん以外にだれやったけな
    MR1005.jpg
    g_harute: 覚えてない・・・・・・

    nefiru: 基本お兄さん以外は画面に映らないからな・・・


    面白いと思ってくれた方はポチリと押してやってください
    アクセス増えると喜んでます(U^ω^)
    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : 魔法科高校の劣等生
    ジャンル : アニメ・コミック

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦III」 感想

    九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、まともに魔法が効果を発揮しなくなってしまう。それでも、達也のひそかな機転、十文字や深雪たちの活躍により、バスは被害をまぬがれた。特殊な知覚を有する達也は、車の動きに魔法の痕跡を発見し、事故は何者かが故意に仕掛けたものだと...

    魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編III」

    魔法科高校の劣等生の第10話を見ました。 第10話 九校戦編III 九校戦に向けてバスで宿舎に移動する代表のメンバーは道中で対向車側の車が急に炎を上げて突っ込んできたのだが、事故ではなく意図的な魔法による犯行だと分かる。 「では、先程のあれは事故ではなかったの?」 「あぁ、魔法の痕跡があった」 「私には何も見えませんでしたが…」 「小規模な魔法が最小の出力で瞬間的...

    魔法科高校の劣等生 第10話 「九校戦編Ⅲ」 感想

    魔法を生かすも殺すも自分次第―

    魔法科高校の劣等生 第10話 感想

     魔法科高校の劣等生  第10話 『九校戦編Ⅲ』 感想  次のページへ

    魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編 III」キャプ付感想

    達也兄さん、マジ優秀(笑) 事故も回避し無事に九校戦の宿舎に到着。 施設の地下にある温泉に深雪ちゃんたちも入ります。 意外なとこで温泉回でしたw   九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。 宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。 慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、 まともに魔法が効果を発揮しなくなってしま...

    『魔法科高校の劣等生』 第10話の感想と考察――深雪はノーマルだから、って・・・・・まるでノーマルじゃない娘がいるような口ぶりだなw

    『魔法科高校の劣等生』 第10話「校戦編Ⅲ」を観ました。<ストーリー>九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。宙を舞って一高生の乗

    魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編 3」

    アバンの車が突っ込んでくるシーン、やっぱり遠近感が変チクリンな印象ですね(苦笑)。それに向かってくる車のスピードと会話のテンポが噛み合ってないし。原作の台詞だけでは説明不足になるので、地の文で説明してあるのを会話の台詞に挟み込むのはいいのですが、摩利・克人・深雪のやりとりは言葉でなく表情や仕草で置き換えられるのが半分くらいあったし、そうやって会話を簡潔にすることで緊迫感を損なわずにすんだと思...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    3098 No title

    5人て誰だろう(^^;

    妹は多分これからも大々的に兄を宣伝するんでしょうなw

    3103 返信

    >妄想屋様
    五人に関してはお兄様以外は特に触れられなかったかと
    気付いてそうなのは会長、十文字、一条、兄さまは名有りの使い手上位ですからこのへんかなあとか想像しますが

    妹はもっと加熱加速で持ち上げますよ
    プロフィール

    nefiru

    Author:nefiru
    犬哭啾啾にようこそ
    アニメ、ゲーム、漫画、ニュースを扱っています
    管理人1:nefiru
    lightのゲームが好きです
    管理人2:g_harute
    key等のゲームが好きです

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    twitter
    フォロー自由です。三回回ってワンと哭くぐらい喜びます(U^ω^)
    Amazon
    リンク
    相互リンクは常に募集中です。 ツィッター・コメント・メールフォームなどで お気軽に声かけてください。
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村
    QRコード
    QR
    この様になっていました。見つかったらこののすぐ上に下記のものをコピーして張りつけます。